パパの気持ち|気持ちよくお金を使える子にお金を出したい

パパの気持ち|気持ちよくお金を使える子にお金を出したい

「パパの気持ち|気持ちよくお金を使える子にお金を出したい」

 

「東京都港区 27歳 会社員 女性 M.S」

 

パパ活は今の私にとって生活の一部であり、私を支えてくれる柱でもあります。パパ活がなかったら今の私はなかったかもしれない、そう言ってもいいぐらい影響力のあるものです。

 

そんなパパ活は今から遡ること3年前、当時24歳の時に始めました。当初は本当にお金が欲しくて、生活費の足しにしたいと思っていました。

 

働き始めたと言ってもまだまだひよっこであることには変わらないのですが、このままではお給料も上がらないと思ったこともパパ活を始めたきっかけでした。

 

ただその時はキャリアアップのための資格の勉強もしたかったので、時間的には結構かつかつだった記憶があります。

 

そんな生活でのパパ活も大変でしたが、頑張っているという姿が自然と私の魅力となっていたのか、なぜかどんどんお小遣いが上がっていったのです。

 

最初は美味しいご飯をご馳走してもらったり、行ったことないレストランに連れていってもらったり…それはそれでとても良かったし、食事の後はお小遣いが貰えていたので十分当時は満足でした。

 

でも、印象次第でパパ活のお小遣いってどんどん上がるんだ…と、世の中のパパ達が何を求めていたのかが明確に分かったのです。

 

求められていることが分かると、パパ活もうまくいくはずなんだと思っていました。パパによっては女性のタイプもいろいろあるかもしれません。

 

しかし、やっぱりパパにも好みの共通点はあるし「応援したい」という気持ちがあるからこそ「パパ」なのであって、その気持ちをくすぐることが重要なのです。

 

パパ活をすると思ったら「パパの気持ちを知ること」これが一番大切なことであり、パパの「応援したい気持ち」にアプローチしてしっかりとつかんでください!

 

まずは最高の支援に至るまでの経緯も含め、私の実体験も参考にしてみてください。

勉学でも仕事でも必死に頑張る女は応援したい

パパ活と聞くと女性の中には性的なイメージを持つ方もいつかもしれません。たしかにそういう方がいるというのも本当なのですが、意外にそうでないパパもたくさんいるのです。

 

そして性的な行為が目的としていないパパは、「応援したい」という気持ちがとても強くあるのです。

 

待ち合わせの時、パパよりも30分早く着いたので、資格の本を開いたり仕事の資料を開いたりして時間を潰していました。

 

この行動がパパに「頑張っている女の子」という姿を自然にアピール出来ていたのでしょう。頑張っている女性こそがパパにとっては魅力的で、「応援」の対象となるのです。

パパにお話を聞いてみた|頑張る女がいいらしい

以前パパ活について私の「パパ」とお話をしてみたことがあります。生の声だったのでとても参考になりました。

 

私のパパ曰く「頑張っている女」はやはり魅力があるのだと。頑張っている姿は、女性はキラキラと輝き、柔らかくセクシーなんだとか。性的な意味ではなく、人間的に魅力が増すということです。

 

またそんな女性と一緒に歩くこと、食事をすることがパパにとっては誇りだと話してくれました。パパだって頑張っている女の子を見ると刺激されるものがあり、生活に張り合いも出るのでしょう。

 

輝く女性は一緒にいてもステータスになりますしね。だからこそそんな女性にパパは「応援」したくなるんだと思います。

目標や努力がある女じゃないとサポする気にならない

目標も努力もない女性にサポートしても、そのサポートは一体何に使われているのか…?こんな疑問が出ると、男性側も躊躇してしまいます。

 

私も資格の勉強を始めるまでは目標がないままで、そんな中でのパパ活は結果的に長続きしませんでしたし、どこか距離を置かれた付き合いで、サポートも手厚くはなかったです。

 

男性だって汗水流して働いたお金でサポートをするわけですから、やっぱりそのお金を湯水のように扱われているとは想像したくは無いのでしょう。

 

実際の使い道は別としても、「この娘なら自分の努力のために使ってくれるだろう」という気持ちも芽生えるのだと思います。

 

自分に目標ができてからのパパの態度は、明らかに違っていました。サポートを期待するのであれば「目標と努力」は不可欠ですね。

パパは成功者なので本気で努力してる人が分かる

サポートに必要なのは「努力する姿」です。そしてパパ活でサポートしてくれるパパはお金に余裕がある=成功者でもあります。並々ならぬ努力をしてきた成功者は、他人の努力を見抜く目を持っています。

 

私もよく「今日は仕事頑張ったんだよ?」なんて言っていましたが、軽く流されていました。嘘偽りないかを見抜くことなんて朝飯前でしょう。だからパパ達には本気の努力を見せることが大切なのです。

 

「努力している姿」を見せることが大切だと最初に言いましたが、「姿」だけだと見抜かれないように気をつけること、そしてできるだけ自分の本気の努力も見せてみることを心がけていました。

 

資格の勉強を始めた頃からはやはり対応にも変化が見えたので、あっさり見抜かれていたようです。洞察力が高いパパも多いので、本気の努力が必要と言えますね。

若くて勉強に頑張る女のほうが応援したくなるらしい

頑張ることには仕事や勉強などがありますが、どちらかというとウケが良いのは「勉強」なんです。私も資格の勉強をしていましたが、この努力はかなり印象が良かったですね。

 

仕事となるとなんだか「部下のようだ」という印象を与えてしまうみたいです。同じ会社で部下にパパ活なんて想像させてしまったら、冷めてしまうのでしょう。

 

なので、与える印象としては勉強が一番です。英語でも何でも自分の興味があることについて、しっかりと勉強している姿を見せるようにしてみましょう。

大学生や社会人新人くらいがサポートしやすい

私もパパ活を始めた当初はまだまだ新人ぐらいの感じだったんですが、この「ひよっこ」的な感じがとても良かったようですね。

 

危なっかしいというか慣れていないというか、そういった印象が「支えてあげたい」という気持ちを引き出すのです。パパはあくまでもサポートだけではなく、「支えてあげたい」という気持ちも持っています。

 

だからこそ新社会人や大学生など、勉強などがむしゃらに頑張る女の子達が良いのです。また新社会人や大学生はまだまだ世間に馴染みもなく、素直で可愛らしいところを持っています。

 

私も比較的まだ新人に近かったから失敗も多くて、パパによく相談していたりしました。アドバイスをもらえることも嬉しかったので素直に聞いていましたが、「素直さが良い」と褒められることもあったのです。

 

そこそこ慣れてくると生意気な部分も出てくるので、「サポートしてあげたい」という気持ちから遠ざかってしまうのです。

お金にがめつい女は努力してても絶対サポートしない

「がめつい女は嫌われる」と言いますよね。特にお金に関してがめつくなるとどんな男性にも嫌われてしまいます。

 

意識はしていなかったのですが金欠の時、つい下心を持ってしまい「お金がない」アピールをしてしまいました。その時は気持ち多めに出してくれましたが、それ以降はあまり連絡が取れなくなってしまったのです。

 

分からないままの私は浅はかにもパパに「どうしたの?」なんて聞いてしまったのですが、この時にパパと話をして気が付いたのが、自分が「がめつい」と見られていたこと。

 

がめつさが少しでも見えると引かれてしまうので、絶対に表に出さないように気をつけるべきだということがわかりました。

パパは感謝やモラルのない女に近寄らない

どんな人間でも一番嫌われるのが「傲慢」です。特にパパはそういった態度の女性が一番嫌いでもあります。「この人は私にベタ惚れなの」という態度もパパ曰くNGだそうで、所有物扱いされたくないとのことでした。

 

また、私と一緒にいたいと思えるのが「悪口」を言わないことだそうで、モラルが無いなと感じたら一緒にはいたくないんだそうです。

 

ちなみに、ご飯の後の「ごちそうさま」という感謝の気持ちがない女性も好きではないので、私は欠かさずご馳走してもらったり、お金でのサポートを受けたりした時は絶対に「ありがとう」は忘れませんでした。

 

誰に対しても丁寧で感謝を忘れないということこそが、人間として好かれることであり、パパから最大のサポートを受けられるチャンスになるのです。

 

その場その場で求められていることよりも、自分に求められている姿を正確に知ることでパパ活は成功します。

 

金銭的なサポートが目的かもしれませんが、そのためだけではなく人間として磨きをかけ、スキルアップを視野に入れた自分のためになるパパ活になると良いですよね。

 

 

ペイターズ

パパ探しの真髄と裏話

↓↓↓↓↓

公式サイト

ページの先頭へ戻る