パパ活で成功する人はパパの気持ちがわかる 何かに没頭している女が大事

パパ活で成功する人はパパの気持ちがわかる 何かに没頭している女が大事

「東京都品川区 33歳 会社員 女性 S.N」

 

勉学でも仕事でも必死に頑張る女は応援したい

パパ活を初めて一年が経ち、持ち物や私生活にも余裕が出て来たある日、会社で『今後は、英語も出来なければやっていけない。』と言う事で、半ば強制的に英検を受験しなければならない事になりました。

 

勉強を始めてからと言うもの、パパ達からの誘いを断り続けて1ヶ月が過ぎようとした頃、貿易会社の社長のパパから、

 

『仕事が一段落ついて、週末に休みを取れるんだけど、食事でもしない?美味しいお店見付けたんだ。』とLINEが入りました。

 

今は、勉強を優先したかったので『ごめんね。忙しいから、また今度ね。』と断ると、直ぐ様『どうかしたの?君がデートを断るなんて珍しい。何かあった?』

 

と聞かれたので、英検の勉強を始めた事を話すと『たまには、息抜きも必要だよ。食事したいから、会ってよ。迎えに行くから。』と言われました。

 

LINEの既読を付けずに暫く放置していると『もう決まり。一時間、食事して帰るだけなら、問題ないよね。』と半ば強引にデートする事に。

 

週末、家の近所のコンビニで待ち合わせしたのですが、待っている間も勉強したかったので、持ち歩きやすい単語帳を来るまで広げていました

 

パパと合流し、助手席に乗り込むと平然とした態度で「随分、頑張ってるみたいだね。いくら掛かるの?英検を受けるのに。」と聞かれたので、

 

「大体、一万円くらいで受けられるんだけど、参考書とか欲しいの沢山あって、大変なんだ。」と言いました。

 

すると「じゃあ、僕が負担してあげるよ。必死に頑張ってる事は、さっきの行動で分かったし。」と言い、その日は高級な焼き肉店に行きました。

パパにお話を聞いてみた|頑張る女がいいらしい

食事をしていると「実は、俺も英検受けた事があるんだ。良かったら、その時の参考書、貰ってくれないかな?今度のデートで、持って来るから。」と言われました。

 

流石に、そこまでして貰うのは悪いと思い「どうして、そこまで優しくしてくれるんですか?赤の他人なのに。」と言うと、

 

真剣な表情で「頑張ってる子を応援したいだけだよ。そうだ。帰りに、参考書を買いに行こうよ。選ぶの手伝うよ。」と言いました。

 

さすが貿易会社の社長と言うだけあり英語の知識が豊富で、選ぶ参考書も分かりやすい物ばかりでした。

 

少し値段の高い、参考書も出し惜しみする事なく買ってくれて、別れ際に「時間がある時は、勉強も教えるから、いつでもLINEしておいで。」と言ってくれ、頼もしく思いました。

目標や努力がある女じゃないとサポする気にならない

その日から、貿易会社のパパから頻繁に励ましのLINEが届くようになり、英単語が中々覚えられない時期には息抜きと言ってデートに連れ出して、楽しい時間を過ごしました。

 

デート中にお礼を言うと、優しい笑みを浮かべながら「やっぱり、目標に向かって努力出来る女性じゃないと、サポートする気になれないよね。

 

今までパパ活してた子に、ここまで頑張る子は居なかったから、益々サポートしたくなった。」と言われました。

パパは成功者なので本気で努力してる人が分かる

ある日、勉強がどうしてもはかどらず、私の方からパパをデートに誘った所「勉強はどうしたの?君から誘って来るなんて、珍しいね。」と返信が来たので、

 

「たまには息抜きしたくなったから、デートしよう。久々に欲しい物があるんだ。」とねだりました。

 

すると、既読は付いたのですが返信が来なかったので、催促すると『ごめん。今の君はサポートする気になれない。単なる甘えだよね。ショッピングに行きたいのは。英検に合格してからデートしよう。』と言われました。

 

立腹したので『私だって辛いんですよ。努力しても中々、身に付かないし。正直、止めて楽になりたい。』

 

と八つ当たりすると、必死に落ち着かせるかのように『悪かった。君が努力してる事は、いつも見てるから分かるよ。じゃあ、少しだけ会おうか。ファミレスなら、勉強も教えやすいからそうしよう。』と言いました。

若くて勉強に頑張る女のほうが応援したくなるらしい

そして、ファミレスの駐車場で合流し、勉強をメインに教えて貰っている途中「そう言えば、パパってどんな女性をサポートしたくなるんですか?若いだけじゃ、駄目ですよね。」

 

と聞くと「やっぱり、若くて勉強を頑張ってる女の子を応援したくなるよね。」と言いました。

 

その後、休憩していると「これが終わったら、何か新しく始めたい事とかあるの?」と聞いて来たので、

 

「お金貯めて、教習所にも通いたいです。東京だから移動手段には、困りませんけど、車を運転できたら便利だから。」と言いました。

 

するとたった今、思い経ったように「じゃあ教習所代、支援するよ。受かるまで練習に付き合うし。」と言われました。

 

流石に悪い気がして「そこまで甘えられませんよ。免許取るのに一年以上掛かるかも知れないし。」と言うと満面の笑みを見せながら「寧ろ、そっちの方がいいな。勉強や練習を口実にデート出来るし。」と言われました。

大学生や社会人新人くらいがサポートしやすい

これから、パパ活をしていく上で他にはどんな事が重要になって来るのだろうと思い、どんな女性がサポートしやすいのかと、疑問が生まれたので聞いてみると、

 

大学生や、新社会人がサポートしやすいよ。頑張ってるし、フレッシュな感じがして、好きなんだよね。」と言いました。


お金にがめつい女は努力してても絶対サポートしない

パパの支えもあって、数ヵ月後には無事に英検に合格する事ができたのですが、教習所には自分の貯金で行きたかったので、全く口に出さずにいました。

 

仕事が忙しいのか、試験が終わってからと言う物、貿易会社の社長からも連絡はなく、半年ほど過ぎた頃、

 

『長く連絡出来なくてごめんね。そう言えば、教習所に通いたいって言ってたよね。情報収集しておいたよ。』と言うメッセージと共に、近所の教習所の情報を数件添付してくれました。

 

まさか、覚えていたと思っていなかったので『ありがとうございます。自分のお金で行きますから、本当に気にしないで下さい。

 

ここまでして頂き、本当に感謝しています。』と返信すると『いいから、任せて。お金にがめつい女性は、どんなに努力しててもサポートしたくないけど、君は謙虚だからサポートしたくなる。』と返信が。

 

結局、教習所を手配する所から入校するまで手伝ってくれたので、パパに内緒で何かプレゼントをしたいと考え始めました。

パパは感謝やモラルのない女に近寄らない

仕事が終わってから、毎日のように教習所に通うなど忙しい日々を送りながら、給料日を迎えた日に偶然パパに似合いそうな色のネクタイを発見。

 

滅多に、ネクタイをしている所は見掛けなかったのですが、仕事でたまに付ける事はあるだろうと思い、購入しました。

 

家に帰り『次、いつデート出来る?』とLINEすると深夜になってから『丁度、忙しいから来月かな。君は、教習所に通ってるから、色々物要りでしょう。いつでも連絡しておいで。』と返信が。

 

パパとのデート当日、早起きして手作りの弁当を作り、待ち合わせ場所へ行きました。

 

合流した時「何が食べたい?」と聞かれたので、満面の笑みを見せながら「実は今日、お弁当作って来たんだ。いつものお礼したくて、ネクタイも買ったんだ。」と言いました。

 

すると大袈裟に喜び、公園で昼食を取っている際に「パパ活してる子って、感謝やモラルのない子が多いから、君みたいな子で良かった。」と言われました。

 

今回、パパ活にも最低限のモラルは大切で、頑張っている女性が選ばれる事を知り、今でもパパ達に感謝の気持ちを忘れないようにしています。

 

 

シュガーダディ

誰でもできるパパ活の秘密

↓↓↓↓↓

公式サイト

ページの先頭へ戻る