パパ活のメッセージは自分からの送り方で最初にパパに選ばれるか決まる

パパ活のメッセージは自分からの送り方で最初にパパに選ばれるか決まる

「静岡県浜松市 22歳 事務 S.A」

 

パパに選んでもらうために個人的に大事だと思うこと

私はパパ活を始めてもうすぐ1年になります。短大を出て働きだしたけど、お給料が全然思ったより少なくて、洋服買ったりバッグ買ったり、海外だって行きたいな~なんて思って、始めました。

 

パパ活を始める前は、パパからいっぱいメッセージが来て、選び放題?なんて予想してました。若いとみんな食いつくでしょ?くらいに軽く考えてたんですけど。

 

ところが実際に登録してみたら、なかなかメッセージなんて来ない。なんで?って思って他の人のプロフィール見たりしてて気付いたんです。パパ活は、パパから選ばれる工夫をしないといけないんだ!っていうことです。

 

『この子と会ってみたいな』

 

『この子頑張ってるから、応援したいな』

 

これは、私が今のパパ(50歳の会社社長です)から聞いた私の最初のメッセージのイメージです。パパに会った時に「なんであんなにいっぱい女の子がいる中で、私にメッセージをくれたの?」と聞いたら教えてくれました。

 

最初のやり取りでパパにそう思わせることができるか?それが大事なような気がします。

メッセージのやり取りでほぼ決まる

パパ活がうまくいくかどうかは、会うまでのメッセージのやり取りでほぼ決まるんじゃないかなと思っています。

 

まずはプロフィールで、どれだけパパの目に留まるか。そしてやり取りを始めたら、自分がどんな子なのかを分かりやすく伝えて、関心を持ってもらう

 

やり取りの時点では見た目なんて登録してる写真くらいだから。中身で勝負。パパの好みや、求めているパパ活の形を早めにつかむのも大事かなって思います。

 

明らかに求めているものが違ったら、やり取りの時間も無駄になってしまうから。

たいていのパパは忙しいのでメッセージは必要最小限に

パパ活をやっているパパは、社長さんとか会社のお偉いさん、営業さんとか、とにかく忙しい方が多いのです。

 

ある程度しっかりとした収入のある方でないと、パパは出来ませんから当たり前かもしれません。忙しい方というのは、ダラダラ長々とメッセのやり取りをしません。そんな時間がないからです。

 

こちらが一生懸命に長文を書いたとしても、きっと流し読みくらいしかしてくれないでしょう。だから、言いたいことは分かりやすく、簡潔に!を心がけています。

 

前に出会い系で知り合ったパパ候補の方は、建設業の社長さんでした。忙しいのは分かっていたのですが、メッセもらえたことがうれしくていっぱい書いて送っちゃったんです。

 

案の定、そのメッセに対しての返信は来ませんでした。失敗です。今思えば、毎回こんな長文メールだとしんどいなと思われたのではないでしょうか?

 

忙しいパパが仕事の合間にパッと見てすぐに内容が分かるようなメッセ。それが大事なのかなと思います。よく考えたら、私でも長文メッセが来たら読む気失せるかも(笑)

返事が来なくてもしつこくメッセしないこと

パパ候補の方とのやり取りで、もう一つ失敗したことがあります。なかなかパパ候補さんからのメッセがなくて、返信が待ちきれずに何度かメッセしてしまったことがあって。

 

これはパパ候補さんにとっては、うれしいどころかストーカーちっくな印象だったみたい…。

 

わたしはそんなつもり全くなかったから、今までの彼氏とかとのやり取りのノリで「おはようございます!今日も一日頑張りましょう!!」とか「今日もお仕事お疲れさまでした~」みたいに普通にメッセしてて。

 

多分そういうのが好きなパパも中にはいるとは思うんですけど、基本的には違うみたい。こういうの喜ぶかな~って、こっちのただの勝手な思い込み。もしかして、向こうにとっては、いい迷惑だったのかなって思います。

 

忙しいから返信出来ないorあんまり返したくなるメッセじゃなかったから返信していない。

 

なのにどんどん追い打ちをかけるようにメッセが来たら…確かに印象としてはストーカーっぽいかもしれません。作戦としては完全に失敗でした。

最初会えるまではパパ活経験者でも不安なもの

ちなみに、パパ活に慣れてたら会うのなんて簡単でしょ?って友達から言われたことがあります。でも、全然簡単なんかじゃない!会うまで、めちゃくちゃ不安です。

 

確かに会おうって約束したのに、待ち合わせの場所に来なかったパパだっていました。結局そのままメッセもなし。

 

もしかして、私の実際の姿見て、ないわ~って帰っちゃったのかな?とか思ったり。いろいろ考えちゃって、かなり凹みました。

 

その待ち合わせの後は、どうせまた来ないんじゃないかって怖くなっちゃって、パパ活自体できなくなっていました。

 

そういう経験をしてるのって、私だけじゃないと思うんですよ。まだすっぽかされたことのない人だって、きっといつも不安を抱えてる。だから出会えるとうれしいし、頑張ろうって思えたりもしますね。

飲み屋で一度会っていてもメッセが足りないと不安になる

パパに実際に会えた後も、不安ってなくならなくて。一度会って、飲みに行ったあと。「ご馳走様でした!とても楽しかったです。ありがとうございました!今度はいつ会えるかな…楽しみにしてますね!」

 

みたいなお礼のメッセするじゃないですか。それに対して返信なかったりすることとかあって、そしたら一気に不安になります。

 

もしかして、なんか失礼なことして嫌われちゃった?とか。大抵はパパがそんなにマメなタイプじゃなかったり、忙しくて返信忘れてたとかが多いんだけど。

 

こちらが思っているようなペースで返信が来ないと不安になってしまうって言うのは、恋愛と似てる気がします。追いかけすぎると逃げられちゃうとこも似てる?

LINEなら既読確認できるので連絡とりやすい

自分が送ったメッセを読んでもらえてるかどうかで、また次の行動をどうするかが変わるから、私はLINEでのやり取りが好きです。

 

LINEでは既読の確認ができるので(既読スルーもありますけど…)一応メッセは見てくれてるものとして話が進められて便利です。

 

パパのタイプにもよるけど、サクサク話をすすめる方が私の場合はうまくいってる気がします。

返事したくなるメッセージにして

何より私が今気を付けているのは、パパが返信したくなるようなメッセージを送ること。

 

さっきみたいなお礼のメッセでも「今度はパパが話してたおススメのイタリアンに連れて行ってくださいね!」なんて添えるだけでもパパからの返信率はアップ!

 

できるだけ、話していた内容とか、パパの趣味とか、意識的にそういうキーワードを入れるようにしています。

 

「覚えててくれたんだね」なんて喜んでくれると、よっしゃー!って思いますね。

 

今は定期的に会ってるパパは1人だけなんだけど、筆不精のパパが比較的よく返信してくれるのは、パパをくすぐるキーワードを入れるように工夫してるからかなと思います。

 

パパが気分よくいてくれれば、それだけ会う頻度も多くなるし。会う頻度が多くなれば、それだけお手当ももらえるし。

 

実際に会う訳じゃないただのやり取りは、お手当がもらえる訳じゃないからめんどくさいなって思いがち。私も最初めんどくさくて嫌でした。

 

でもメッセのやり取りが大事だってことに気付いてからは、結果的にパパに呼ばれる回数は断然増えた!!急がば回れみたいなことなのかな。メッセで信頼が得られたら、会ってる時の会話なんかもスムーズ。

 

直接顔を見て話が出来る分、メッセよりもはるかに楽です。メッセでは、パパが返信しやすいように、簡単に答えられる質問とか提案とかそういうのを入れたりしてます。

 

結局は相手への心遣いだったり、気遣いだったり。パパに選ばれるにはそういう内面的なところも磨かないといけないんでしょうね。これからも頑張って、出来たらもう1人くらい定期で会えるパパ欲しいな。

 

ペイターズ

呼ばれるだけの都合の良い女

↓↓↓↓↓

公式サイト

ページの先頭へ戻る